アクセス
サイトマップ
お問い合わせ

文字サイズ

損害防止活動

  1. TOP
  2. 損害防止活動

損害防止活動

NOSAI岡山では農業経営における損害を未然に防止するため、損害防止活動を実施しています。


土壌診断

 NOSAI岡山では、農家サービスの向上と損害防止活動の拡大強化のため、昭和58年度より土壌診断室を設置し、果樹(ぶどう・もも)・園芸施設・畑作物共済加入者を対象に土壌診断を無料で実施しています。

 土壌診断は、土壌のもっている化学性について調査分析し、その結果に基づいて作物を健全に生育させるための改良対策を樹立し、指導する目的で行っています。

 分析結果は、園地ごとに土壌診断書を作成して、土壌に含まれる成分の状況などを記入し、農家の方に配布しています。JAや農業普及指導センターでの施肥設計等のご相談にご活用ください。

※計量法の規定により、EC、塩基飽和度、CECについては具体的な分析値が表記できますが、その他は分析値を明示できません。あらかじめご了承ください。

土壌診断

土壌診断項目

  1.  PH(酸度)
  2.  EC(塩類濃度)
  3.  有効態りん酸
  4.  腐植
  5.  有効態石灰(カルシウム含量)
  6.  有効態苦土(マグネシウム含量)
  7.  有効態加里(カリウム含量)
  8.  硝酸態窒素
  9.  CEC(塩基置換容量)
  10.  塩基飽和度
  11.  石灰苦土比
  12.  苦土加里比など

牛の健康診断

牛の健康診断

 近年の酪農業は、乳牛の高泌乳化と多頭化により、牛群全体の健康管理と生産性の向上が非常に重要な課題となっています。

 生産獣医療支援センターでは、こうした農家ニーズに応えるため、代謝プロファイルテストを応用した「牛の健康診断」を実施しています。これは、牛群検定成績、バルク乳データを活用して酪農家の現状を分析し、乳牛の泌乳ステージ別に血液検査を実施、同時に乳牛のコンディションや牛舎環境、給与飼料を調査分析し酪農場で発生している問題点を摘発し、問題解決への改善策を提案するものです。特に周産期(乾乳期から分娩を挟んで泌乳前期までの期間)の飼養管理は重要で、乳牛の疾病のほとんどはこの時期に発生します。

 周産期の適切な飼養管理を提案することで死廃事故の低減、繁殖成績の改善に繋げ、乳牛の健康と生産性を両立させます。

 和牛繁殖農家においては、子牛市場の販売価格高騰により生産意欲を増しており、安定した子牛生産のための健康管理が重要な課題となっています。一年一産の健康な子牛生産を目標として、分娩前後の栄養管理を中心に提案を行い、定期的な繁殖検診を実施することで安定した子牛生産を目指し、健全な農家経営の支援を行います。