アクセス
サイトマップ
お問い合わせ

文字サイズ

家畜共済

牛、馬、豚が病気や怪我で治療を受けたり、
死亡・廃用などによって損害を受けた時に
共済金が支払われます。

  1. ホーム
  2. 事業案内
  3. 家畜共済

家畜共済

加入は

農家が飼養している下記の家畜が加入できます。

成乳牛 出生後第13月の末日を経過した乳用牛
育成乳牛 出生後第5月の末日を経過し、第13月の末日を経過しない乳用牛
乳用子牛 乳用牛から生まれた出生後第5月の末日を経過しない子牛
乳用胎児 共済掛金期間中に胎齢240日に達する可能性のある乳用牛の胎児
肥育用成牛 出生後第5月の末日を経過した肥育牛
肥育用子牛 出生後第5月の末日を経過しない肥育牛の子牛
その他の肉用成牛 出生後第5月の末日を経過した肉用牛
その他の肉用子牛 出生後第5月の末日を経過しない肉用牛の子牛
その他の肉用胎児 共済掛金期間中に胎齢240日に達する可能性のある肉用牛の胎児
一般馬 明け1歳以上の一般馬
種豚 出生後第5月の末日を経過した種豚
肉豚 出生後20日の日(離乳していない場合離乳の日)から第8月の末日まで

※子牛(胎児)の加入は、選択制です。

補償期間(責任期間)は

掛金納入の翌日から1年間補償します。ただし、肉豚(群単位引受方式)では、第8月の末日となります。

対象となる事故は

死廃事故

病気やケガで死亡・廃用となった場合です。胎児は、授精等の後240日以上の早死産についても対象となります。 廃用事故の主なものは、次のとおりです。

  • ・病気やケガがもとで死にひんした場合。
  • ・骨折、は行、両眼失明、伝染性海綿状脳症、牛白血病、創傷性心のう炎、もしくは特定の原因による採食不能であって治癒の見込みがない場合。
  • ・行方不明となり30日以上生死が明らかでない場合。
  • ・出生子牛が奇形などで将来の使用価値がないことが明らかな場合。

病傷事故

家畜の病気やケガで獣医師の治療を受けた場合です。(肉豚は対象外)

補償内容は

死亡・廃用事故による損害額および病傷事故(病気・ケガ)の診療費が支払われます。

共済金額(補償額)は

家畜の評価額(共済価額)の20~80%の範囲内で設定できます。

共済掛金は

掛金の一部(牛・馬は50%、豚は40%)を国が負担します。

農家掛金=(共済掛金-国庫負担額)+事務費賦課金
共済掛金=共済金額×共済掛金率
国庫負担額=掛金×国庫負担割合

※共済掛金率は、3年ごとに改定されます。

共済金のお支払いは

死廃事故の場合(事故の多い農家には一定の支払限度があります)

共済金

病傷事故の場合

病気やケガで診療を受けた場合の診療費が支払われます。

ただし、初診料と病傷給付限度額を超えた場合の診療費は農家負担となります。