アクセス
サイトマップ
お問い合わせ

文字サイズ

農業共済新聞

農業共済新聞

高値取引、今年は増産 特産ヤマノイモ「銀沫」

 【岡山支局】真庭市勝山地区の特産ヤマノイモ「銀沫(ぎんしぶき)」の出荷が、11月1日から始まった。本年度は「かつやまのいも生産組合」の農家34戸が1.7㌶で栽培。前年度より1㌧多い10㌧収穫を目指し...

(平成30年11月3週号 トップ)続きを読む »


畜産振興に高校生活躍

  【岡山支局】岡山県立高松農業高等学校(岡山市)には、動物と触れ合い、生命を学ぶ畜産科学科があり、酪農、養豚、養鶏、実験動物の四つの専攻が選べる。 同科では、基礎的な飼育管理から、ハムやアイスクリー...

(平成30年11月2週号 特集)続きを読む »


良品出荷に自信あり

 【岡山支局】赤磐市是里のMAKANAファーマーズ(2農園で構成、2018年設立)では、ブドウ120㌃を中心に、キウイ10㌃、ゴボウ15㌃を栽培し、「感謝とおいしさあふれる農園」を目指している。 代表...

(平成30年11月1週号 準トップ)続きを読む »


牛舎増築、500頭飼養へ

 【岡山支局】「県内の育成牧場が少なくなっていく中、少しでも農家の役に立ち、酪農業に貢献したい」と話すのは、井原市美星町のスターブライト牧場代表・藤原完治さん(40)。2年前に新たな育成牧場の建設計画...

(平成30年10月4週号 短信)続きを読む »


収入保険 加入の決め手

 最初に収入保険の話を聞いたときには、「これに決めた」と思いました。 私の農業経営の中では、キュウリの栽培が収入の8割以上を占めていますが、キュウリは価格変動が激しい作物です。需給のバランスもあります...

(平成30年10月2週号 特集)続きを読む »